キャッシングのポイント

キャッシングとは

金融機関が個人に対して行う小口の融資のことです。銀行、郵便局、信販会社、クレジット会社、消費者金融等、金融機関によって利用できる人の条件、返済に関しての金利なども異なってきます。

 

一般的にカードローンと違って借入期間は短期間で高金利であり、返済方法は一括返済を基本とするという特徴があります。また使途は自由で、保証人もいらず、無担保で申し込みができます。即日融資を中心としているため、申請から融資までの対応が迅速であるということも大きな特徴です。しかし、誰でもが利用できるわけではありません。

 

利用できるのは、18歳から20歳以上で定職を持つ人です。この定職には、社員の他、自営業者、一定収入のあるアルバイト、定職のある夫を持つ専業主婦なども含まれます。利用者に返済能力があるか、また過去に返済上のトラブルがなかったかどうか等、金融機関にとって利用者が信用できる人物かどうかも審査されます。

 

この審査にパスすると金融機関からカードが発行され、このカードを使って、コンビニやATMを通してお金を借りることができるのです。もともとはこのようにカードを使ってキャッシングすることが主流でしたが、昨今は電話やインターネットで申し込みを受け、口座に振り込まれるという形式など、さまざまなサービス形態が出現しています。

 

借金返済のための借金、ギャンブルや娯楽の散在費用に充てるなどは論外ですが、きちんとした目的のために返済の目処がついた借り入れをするのであれば、利用する価値はありますしとても便利なものです。

審査の流れについて

基本的な流れは、申し込み→審査→本人確認→結果待ち→融資という流れです。申し込み後、申し込み内容を参照した簡単な仮審査によってだいたいの目安が打ち出されます。貸付が可能かどうか、何らかの問題がないかどうかを提出書類をもとに確認するのです。

 

このとき、勤続年数や年収などから借入限度額が算出されることもあります。次に、電話で申し込み時の内容に間違いがないかどうか確認されたり、本人確認の意味も含めて勤め先(専業主婦の場合は夫の勤め先)に電話が掛かってきたりします。

 

電話確認が終わると、次に本格的な審査に入りますが、会社によってはこの段階で審査終了というところも多くあります。本格的な審査では、職の有無、年収、ブラックリストに載っていないかどうかの再確認とともに、他社での借入件数や残金額、その返済に問題がないかどうかも調べられます。

 

要するに貸す側である金融会社の立場としては、貸付金をできるだけ確実に問題なく回収したいと思っているわけなので、審査で顧客の返済能力を見きわめるのです。そして問題がなければ融資を受けるためのカードが発行されます。

 

審査の面ではクレジットカードの方が基準が厳しいのですが、クレジットカードが専業主婦や一定収入を持たないアルバイトでも申し込めるのに対し、キャッシュカードの場合はそのような立場の人は利用できません。また、近年、審査基準は、貸金業法の規制により厳しくなりつつあります。

キャッシングのメリットについて

まず、申し込みが実に簡単だということです。用意するものは、運転免許証や健康保険証などの身分証明書と印鑑ぐらいです。住民票や印鑑証明、源泉徴収票や収入を証明する書類等は必要がないため、借りたいと思い立ったらすぐにでも申し込むことができます。

 

また、メリットのひとつとしてすぐに融資を受けられるという点が挙げられます。銀行や公庫などから融資をうけるとなると、借入金額の大小によって違いはあるものの、申し込みをするための書類作成や公的書類を集める等、それだけでもかなりの時間を費やし、結論が出るまでに1か月以上もかかるということがほとんどです。

 

しかし、伽史イグでは審査がその日のうちに完了することが多く、融資される金額もその日のうちか翌日には指定した口座に振り込まれる等、対応が非常に迅速です。また、もうひとつのメリットは、どこでもお金の引き出しができるという点です。

 

借入の契約をした店頭はもちろんのこと、系列店舗や銀行のATM、さらにはコンビニもATMなどでも入金や引き出しができるので、とても便利です。特にコンビニのATMであれば年中無休で24時間お金の出し入れができます。

 

コンビニでは同じように銀行預金を引き出すこともできるのですが、時間帯によっては引き出し手数料に加えて時間外手数料まで取られるということを考えると、1日借りて翌日返すなどの短期借入であれば、キャッシングの方がより安い手数料(利息)をなる場合もあるのです。

キャッシングのデメリットについて

とても便利なキャッシングだからこそ、その使い方には十分な注意が必要です。メリットの部分で述べたほとんどのことは、それがデメリットになることもあるということを自覚しておかなければなりません。特に、審査基準が比較的甘く、申し込みも簡単にできるということはデメリットでもあります。

 

簡単に借りることができると、ついつい許容範囲以上に借りすぎてしまうということがあるからです。また、担保も保証人の必要としないので、誰にも知られずいつでもお金を借りられるという気軽さがあるのですが、その分、他のローンに比べると金利が高く設定されているため、計画的な返済プラン無しに返済能力を超えた額を借りてしまうと、返済を遅延してしまう等のトラブルが発生しやすくなります。

 

特に、借入金額が多くなればなるほど金利には気をつけないと、気がついたときには高額返済しなければならなくなるということもあります。また、簡単に即日お金が手許に入るということは、人間の金銭感覚を麻痺させるという作用もあります。借り入れたお金を自分のもののように勘違いし、まるで金銭的に余裕ができたような錯覚に陥ってしまうのです。

 

このようなデメリットを克服するためには、返済ができるかどうか事前にしっかりとしたプランを立ててからキャッシングするということが絶対に必要です。そして返済可能な金額以内で借り入れ、最初に考えたプランどおりに返済していくということを、自分に厳しく課すことです。このようにデメリットをよくわかった上で上手に借りることが大切なのです。

大手キャッシング会社の比較

大手数社を比較検討してみました。それぞれの特徴とメリット・デメリットをよく把握した上で、自分のニーズにあった会社からの借入を考えたいものです。

 

プロミスは、何よりも3項目3秒診断という入力項目の少なさと、申し込み・審査の迅速さを売りにしています。実質年利は6.3%から17.8%と最低金利が他社より比較的高めですが、現在30日間無利息というサービスが実施されているため、少額を短期間借り入れる場合はお勧めです。

 

アコムは金利を改定し、実質年利4.7%から18.0%になりました。プロミスほどではありませんが、申し込み時の入力項目の少なさも注目できます。モビットは何より10秒で審査結果表示ということが一番の特徴です。また、三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に口座を持っていたら申し込みから利用までネットのみでWEB完結ということを売りにしています。実質年利は4.8%から18.0%とアコムとほぼ同じです。

 

アイフルは実質年利5.5%から18.0%と最低金利が少し高めですが、上記の他社同様、ネットで全ての手続きが完了する他、最適な返済プランの提案(シュミレーション)が最も丁寧であり、その点で安心感があります。

 

また1000円から融資可能であることから、少額の借入には向いている会社です。三菱東京UFJカードローンは、実質年利4.6%から14.6%と業界トップクラスの低金利をうたっています。日本最大手の銀行カードローンであるという安心感も加わってお勧めの会社です。

 

詳しくはこちらのキャッシングサイトをご覧ください。
キャッシング口コミ情報!即日審査ナビ